名古屋港の経済効果について

ページ番号1001115  更新日 2017年10月11日 印刷 

名古屋港では、「名古屋港の地域経済に及ぼす影響調査」を実施し、名古屋港での経済活動が、地域のみならず全国の経済へどれほど影響を与えているのかを推計しています。

調査の目的

名古屋港が背後地域経済へ与える影響を「経済効果」として定量的に分析し、わかり易くまとめることで、広く一般の方々に名古屋港の果たしている役割や重要性、港湾機能強化の必要性などを示すことを目的としています。

調査の概要

各都道府県の1年間に行われた財やサービスの取引をまとめた最新の産業連関表を利用して、港湾関連事業者へのアンケート結果と各種統計資料をもとに、5年に1度名古屋港の経済効果について調査を行っています。この調査では、前回と同様に、名古屋港が日本全国、愛知県へもたらす経済効果を推計すると共に、県内を4つの地域に分けて各地域への経済効果を推計しました。また、今回は、それらに加えて自動車産業の経済効果についても分析を行っています。

詳しくは下記リーフレットをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

企画調整室 企画担当 
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7968 ファクス:052-654-7997
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。