クルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」入港について

ページ番号1002000  更新日 2017年11月17日 印刷 

平成29年11月18日クルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」名古屋港入港!

平成29年11月18日(土曜日)にクルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」が名古屋港に入港します。
同船の入港を記念し、以下の行事を行います。

入港日時

平成29年11月18日(土曜日)午前8時から11月19日(日曜日)午前9時10分

※出港時間が変更になりました。
 

着岸場所

名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁
※地下鉄「名古屋港駅」から徒歩約5分

歓送迎行事(天候により中止になる場合があります)

【入港時】
歓迎放水  午前7時から午前7時20分 (名古屋市消防局特別消防隊第五方面隊)
 

【出港時】
歓送演奏  午後2時45分から午後3時15分 (ポッカレモン消防音楽隊)
※出港時間の変更により、演奏時間が変更になる場合があります。

見学場所について

名古屋港ガーデンふ頭内のガーデンふ頭臨港緑園から外観をご覧いただけます。船内の見学はできませんのでご了承ください。

【注意事項】
ガーデンふ頭3号岸壁一帯を、保安対策に伴う“制限区域”に設定するため、同船が着岸する間と入出港前後1時間は、岸壁内に一般の方の立ち入りはできません。

クルーズ船「コスタ ネオマンチカ(Costa neoRomantica)」の概要について

クルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」の写真

1990年半ばにコスタ・クルーズのフラッグシップとして活躍。2001年、2005年に続き、2012年にも大改装が施され、元々の「コスタ・ロマンチカ」の名前に「ネオ」が加わった。改装によりオープンキッチンのレストランなどが増設された。2017年4月から同船による日本海側における定点運航を行い、インターポーティング(同一航路を複数回行うことによる複数港での乗下船)の導入により広域な市場から集客している。同年10月から太平洋側でもインターポーティングでの運航を実施する。

総トン数
57,150トン
全長
220.60メートル
型幅
30.70メートル
エアドラフト
48.00メートル
満載喫水
7.80メートル
乗客定員
1,578名
乗組員
622名
船籍
イタリア
建造年
1993年
船主
コスタクルーズ
船舶代理店
有限会社カイセイマリタイムエイジェンシー

クルーズ行程

クルーズ行程
沖縄・台湾あったか島めぐりクルーズ
日程
平成29年11月17日(金曜日)から11月26日(日曜日)
寄港地
東京-名古屋-那覇-基隆(台湾)‐宮古島-東京-神戸

名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

港営部 誘致推進課 クルーズ船誘致担当
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7838 ファクス:052-654-7995
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。