クルーズの楽しみ方

ページ番号1000795  更新日 2017年11月14日 印刷 

目的に合わせたクルーズをお楽しみいただくために、ここではクルーズの選び方をご紹介します。

1.期間で選ぶ

名古屋港からのクルーズには、夕方頃出港し、名古屋港の周辺をめぐって次の日に帰るワンナイトクルーズも多くあります。「クルーズは初めて」という方や長い休暇が取れない方には、1泊2日や夕方出発し明朝到着という手軽なショートクルーズで、名古屋港をバックに素敵な夕日を楽しんだり、海からの夜景を大切な人と共有したり…と、普段の生活では味わえない素敵な風景をゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょう。

夏休みやゴールデンウィークなど、まとまった休みが取れる時は、ぜひ1週間以上のクルーズで、日常から離れた、クルーズならではの贅沢なひとときを堪能してください。

2.クルーズ船で選ぶ

クルーズ船ごとに客室や食事、クルーのサービスなどが異なっていて、いろいろな楽しみがあります。また、日本のクルーズ船は日本食が充実していたり、展望風呂があるのが魅力となっています。乗船してみたい船のクルーズ船データや年間のクルーズスケジュール、目的地、日程などを確認し、目的のクルーズ船に乗船してみるのはいかがでしょうか。寄港地だけを楽しむのではなく、寄港地に行くまで、そして帰る時間も全てが素敵な思い出となることでしょう。

3.行きたいところで選ぶ

クルーズでは、孤島や秘境巡りなど、飛行機や車ではアプローチしづらい場所も、簡単に体験できます。また、船会社等が主催する寄港地ツアーは、基本的には半日~1日で寄港地の名所を効率的に巡ることができます。

暖かい地方に行き一足早い夏を満喫したり、地方ならではのお祭りや船上からの花火大会を楽しんだり…。船の設備やサービスを満喫しながら航海を楽しみ、寄港地では自然や伝統文化に触れる。通常とは違う海や港から寄港地を楽しむのもまた良いのではないでしょうか。

4.エンターテイメントで選ぶ

船の上のパーティーを楽しみたい、有名な人のショーを楽しみたい、優雅に趣味を楽しみたいなど、クルーズ船の中で楽しみたいことは人それぞれでしょう。あなたの希望に沿うような企画が、クルーズには多く用意されていますので、パンフレットをチェックし、詳細を運航会社や旅行会社に問い合わせてみて下さい。

5.チャータークルーズについて

会社の慰安旅行や、セミナー、研修などにクルーズ船を利用してみてはいかがでしょうか。クルーズ船には、大ホールや会議室も用意されており、幅広い用途にご利用いただけるように工夫されています。会議やセミナーを行いながら寄港地に着き、寄港地を楽しむ。ゆったりとしながらも時間の有効活用ができます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ご職業
このページの情報は主にどのような目的に利用されますか。


このページに関するお問い合わせ

港営部 誘致推進課 クルーズ船誘致担当
〒455-0033 名古屋市港区港町1番11号
電話:052-654-7838 ファクス:052-654-7995
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。